プラセントレックスにはどんな効果があるの?

プラセントレックスはヒトの胎盤エキスを使用したプラセンタジェルです。
下記の記事でも少し触れていますが、よく見かける化粧品やサプリメントで使われているような
馬プラセンタや豚プラセンタとはそもそも違うものだと思っておいたほうがいいでしょう。

 

【参考記事】
プラセントレックスは危険!?ヒトプラセンタジェルに副作用はある?

 

動物と比較したら、ヒトのほうが効果があるとかそういったものではなく、
抽出方法や安全管理などの根本が違うのでプラセントレックスのようなヒトプラセンタは
美容整形外科や皮膚科などで医療用医薬品として使用されているのです。

 

 

なのでプラセンタ化粧品などの効果とは全くの別物です。
プラセントレックスには命の源であるアミノ酸やタンパク質、ビタミン、ミネラルなど、
あらゆる栄養素が詰まっていますが、その中でも成長因子と呼ばれる成分が細胞を活性化し
肌の新陳代謝を促進することで新しい細胞が生まれるサイクルを活性化させる効果があります。
そのため、傷痕の治癒や美容効果を発揮するのです。

 

具体的には乾燥肌・シミ・くすみ・ニキビ(跡)・肌荒れ・シワ・たるみ・酒さといった
症状に効果があると言われています。

 

基本的には肌のターンオーバーを高める効果がプラセントレックスの効果と言ってもいいでしょう。
なのでアンチエイジングにもってこいのアイテムとして人気なんですね。

 

 

 

またプラセントレックスを使っている人の中には、何かの症状を治すためではなく、
肌を常に良い状態に保つための美容効果に期待して基礎化粧品のように使用している人も多いです。

プラセントレックスの正しい使い方は?

プラセントレックスの使い方は簡単です。
お風呂上りや朝の洗顔の跡の綺麗な肌にプラセントレックスを適量塗るだけです。

 

 

プラセントレックスのジェルは若干ねっとりとした感じなので肌に塗った直後は
少しベタつく感じがあるかもしれませんが、そのまま少し放置すればサラッとした感覚になります。

 

 

プラセントレックスを塗るだけ、という方も中にはいますが、ほとんどの方が肌に馴染んだら
いつも通りのスキンケアでお手入れをして終わりといった使い方をしている人が多いですね。

 

 

プラセントレックスの使い方自体は特に難しいことはありませんが、人によっては
使い始めたばかりの頃に肌にピリピリとした刺激を感じるケースもあります。

 

 

乾燥肌や毛穴が開いているなど、肌コンディションが悪い場合に刺激を感じることが多いですが、
使い続けているとどんどん肌もサラサラになって使い心地がよくなり、肌質の変化も感じられると思います。

 

 

もし、プラセントレックスの使い始めで肌に刺激を感じる場合は先に化粧水を少しだけ
塗ってからプラセントレックスを塗ってみると少し改善するかもしれません。

 

肌の炎症などを防ぐ効果があるので多少ヒリヒリするぐらいは我慢して使い続けるしかありませんが、
アレルギーのように明らかにおかしい発疹、蕁麻疹などが出た場合は病院にいったほうがいいでしょう。

 

【参考記事】
プラセントレックスの通販最安値はどこ?おすすめの販売店!